Home

「いちばんぼし」は、鴻巣児童センターを中心に活動する天文サークル(鴻巣市社会福祉 協議会公認のボランティアサークル)です。

いちばんぼしでは、一緒に活動するメンバーを募集しています。興味のある方は、プラネ タリウムの説明員に声をかけていただくか、お問い合わせフォームからお知らせください。また、Blogには、イベントの様子や天体写真なども投稿されていますのでご覧ください。




プラネタリウム投映(鴻巣児童センター)

3月の「星と神話の世界」

★ 今月のスライド番組
「ぶたにばけた七つ星」
1300年前の中国に一行(いちぎょう)という、星占いのできるたいへん有名なお坊さんがいました。
あるとき、一行のところへ若い頃にお世話になったおばあさんが助けを求めてやってきました。
おばあさんの息子が悪いことをしていないのにつかまってしまったというのです。
一行はどうやっておばあさんの息子を助けたのでしょうか。
今月は、ひしゃくの形の北斗七星のお話です。
どうぞお楽しみに!

★ この季節の星空のご案内
この季節によく見える星座や様々な天体、そしてそれらにまつわる神話、宇宙の不思議に迫る天文現象など、毎回天文好きの解説員が興味深い話題を用意しています。
プラネタリウムで満天の星空をお楽しみください。

★「星と神話の世界」投映スケジュール
3月 5日(日) 11日(土) 19日(日) 25日(土)
4月 2日(日) 8日(土) 16日(日) 22日(土) 30日(日)
5月 7日(日) 13日(土) 21日(日) 27日(土)

土曜日午前11時から、
日曜日午後2時からの投影です。
なお、毎月最終日は、いつもとは違った投影内容となります。お楽しみに!
入場は無料です。




3月の夜空

日 付 内 容
5日 上弦の月(午後8時32分)
10日 2P/エンケ周期彗星が近日点を通過
12日 満月(午後11時54分)
17日 水星が金星の南約10°まで接近(午前8時21分)
20日 春分の日
春分(午後5時29分)/太陽の春分点通過
21日 下弦の月(午前0時58分)
28日 新月(午前11時57分)
出典:国立天文台

★ 春分の日
3月20日(月)は「春分の日」で国民の祝日で、 太陽が春分点(太陽黄経が0°の)を通過する事を表す「春分」が起こる日です。
天文現象が法律で祝日と定められている国は珍しいそうです。
春分の日には、「自然をたたえ、生物をいつくしむ」という意味が込められています。
北欧の夏至祭も同様でしょうか?(一度は体験してみたいものです。)




イベント

駅前天体観望会(いちばんぼし主催)

★鴻巣市社会福祉協議会公認の天文ークル「いちばんぼし」主催
※サークルメンバーが所有する望遠鏡で、月や惑星などをご覧いただくボランティア型イベントです。
望遠鏡の販拡イベントではありませんので、光学機器メーカーからの協賛などはありません(笑)
メンバーが丁寧に星空解説をします。どうぞお気軽にお立ち寄りください。


★ 日 時: 2017年4月8日(土) 18:30~20:30
※ 雨天・曇天などの場合、翌9日(日)に延期となります。

★ 場 所:鴻巣駅東口「エルミこうのす」敷地内docomo前
※ どなたも無料で参加できます。
※ 外は意外と冷えます暖かい格好でご参加ください。
※ 当日の開催有無は、このページで開始予定時刻までに掲載予定です。
以前の観望会の様子はこちらのBlog記事でご覧いただけます。

 

天文教室(鴻巣児童センター主催)

2月の天文教室も天候に恵まれませんでしたが、おいでいただきありがとうございました。
春の天文教室の日程とテーマを以下のように決めました。
梅雨入り前の快晴に期待しましょう。

★ 日 時:2017年5月6日(土)19:00~21:00

★ テーマ:月の名所めぐりと木星
はじめに、月のクレーターや海、山脈などを観察しましょう。
その後は望遠鏡を木星に向けて、縞模様や衛星を観察します。
当日は、木星面に衛星の影が移動する様子が見られます。

★ 場 所:鴻巣児童センター(プラネタリウム室、天文台)
※どなたも無料で参加できます。
※天文台の中は外と同じ気温です。当日の気温変化に対しては服装で調節してください。
※晴れない場合は、プラネタリウムを使い星空解説とテーマに沿った講演を行います。

以前の天文教室の様子は、こちらのBlog記事でご覧いただけます。
DSC01812DSC03235