ポータブル赤道儀の調整その後

自作ポタ赤は、調整を重ねて少しずつ精度を上げています。
30秒露出なら300mm程度まで、標準レンズならば2分以上の自動ガイドができます。
鴻巣の空では3分以上の露出でカブってしまうので、十分実用になります。

SONY DSC

SONY DSC

ポータブル赤道儀の調整その後” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中