Home

「いちばんぼし」は、鴻巣児童センターを中心に活動する天文サークルです。
イベントの様子や天体写真などをBlogに掲載しています。
いちばんぼしでは、一緒に活動するメンバーを募集しています。
興味のある方は、プラネ タリウムの説明員に声をかけていただくか、お問い合わせフォームからお知らせください。


プラネタリウム投映(鴻巣児童センター)

星座絵

5月の「星と神話の世界」

新型コロナウイルスの影響で、鴻巣児童センターが閉館となっております。
再開の予定が決まりましたら、改めてご案内いたします。

5月の投映も中止となってしまいました。
そこで、約14分の「春の星座案内」動画を作ってみました。
プラネタリウムには及びませんが、以下のリンクからご覧ください。

春の星座案内

 


5月の夜空

【明け方の月と惑星のランデブー】

5月12日から17日にかけて、月が
木星→土星→火星 →海王星
の順番で近くを通過します。

  • 5月12日 午前3時頃から未明 月と木星
  • 5月13日 午前3時頃から未明 月と土星
  • 5月16日 午前3時頃から未明 月と火星
  • 5月17日 午前3時頃から未明 月と海王星

いずれも、南東の空ちょっと低めの方向です。
海王星は8等級位なので、望遠鏡、双眼鏡が必要です。

【家で楽しもう!窓からプラネタリウム】

お家の窓から夜空を楽しむ方法を紹介します。

  1. お家の窓から見える方角を確かめよう。
    時刻と太陽の見える方向で、大まかな方位がわかるよ。
    午前12時に太陽が見える方向が南側。
  2. 午後9時ごろ下の星座版の東西南北と窓から見ることのできる方位を合わせよう。 後は、星座版と夜空を見比べて星座を探してみよう。
  3. 窓の向きによって、次のような星座が見えるかも。
  • 東向きの窓 ヘラクレス座、へびつかい座、へび座の頭
  • 西向きの窓 かに座、しし座
  • 南向きの窓 おとめ座、からす座、しし座、春の大三角
  • 北向きの窓 こぐま座、おおくま座、りゅう座
東京の星空(2020年5月中旬21時頃)

★ 主な天文現象

日 付内 容
1日上弦の月(午前5時38分) 八十八夜
6日みずがめ座η流星群が極大(午前5時頃)
月明りで観測条件は最悪!
7日満月(午後7時45分)
14日下弦の月(午後11時3分)
22日水星が金星の 0°54′ 南を通過(午後4時54分)
23日新月(午前2時39分)
30日上弦の月(午前12時30分)
出典:国立天文台

イベント

駅前天体観望会

★ 主 催

天文サークル「いちばんぼし」

★ 概 要

メンバーが所有する望遠鏡で、月や惑星などをご覧いただくボランティア型イベントです。メンバーが丁寧に星空解説をします。
どなたも無料で予約なしに参加できますので、どうぞお気軽にお立ち寄りください。

第76回鴻巣駅前観望会

※新型コロナウィルスの感染拡大予防のため、当面の間駅前観望会は中止とします。次回の駅前観望会をお楽しみに!

★ 日 時

2020年3月7日(土)18:30~20:30
※天候不良(雨天や曇天等)の場合、翌8日(日)同時刻に順延します。
 また、夜はとても冷え込みますので、暖かい格好でお出かけください。

 

★ 場 所

鴻巣駅東口「エルミこうのす」ドコモショップ鴻巣店南(埼玉りそな銀行側)

★ 観望会インフォメーション

以前の観望会の様子はこちらのBlog記事でごも覧いただけます。

★ 今後の駅前観望会開催予定日(2020年4月~2021年3月までは後日掲載)
※開催予定日が天候不良の場合、翌日曜日に順延します。 

 


 

天文教室(鴻巣児童センター主催)

冬、春と2回の天文教室が中止となってしまいましたが、久々の開催を信じて、夏の天文教室の日程とテーマを以下のように決めました。

※開催に当たって感染予防対策を徹底いたしますが、今後の感染拡大状況により中止になる場合があります。

★ 日 時

2020年8月22日(土) 19:00~21:00

★ テーマ

木星と土星のランデブー

当日は、南の空に木星と土星が仲良く並んで見えています。
太陽系最大の惑星「木星」と環が美しい「土星」の2大惑星を一晩で見ることができ出来ます。

★ 場 所

鴻巣児童センター(プラネタリウム室、天文台)

★ 参加費

無料

★ 補 足

  • どなたでも予約無しにご参加いただけます。
  • 天文台の中は外と同じ気温です。当日の気温変化に対しては服装で調節してください。
  • 天候が優れない場合は、プラネタリウム室で星空解説やテーマに沿った講演を行います。

以前の天文教室の様子は、こちらのBlog記事でご覧いただけます。