木星・土星大接近

当日は17時前に帰宅する予定でしたが、17時ギリギリの帰宅となってしまいました。
赤道儀をセットする暇もなく、あわててカメラ三脚に望遠鏡をセットして撮影しましたが、約1000mmの直焦点撮影はかなり苦労しました。
ベランダから撮影可能な視界は狭く撮影出来たのはわずか6カット、なんとか使えそうなのはこの1カットのみでした。
土星の環が分かりやすい大きさになるように画面の中央をトリミングし、木星のガリレオ衛星は個別に輝度を上げて見えるように加工しています。

木星・土星大接近

太陽の活動再開?

低迷期が続いていた太陽ですが、活動の再開を思わせる黒点が現れました。
約11年周期で活動期と低迷期を繰り返していますので、今後の太陽活動に注目しましょう。
来年から児童センターでも太陽投映板を使って、来館者に黒点を見てもらえるようにしたいと思います。

2020年11月30日の太陽黒点

東日本大震災

3月11日に発生した東日本大震災により被災した皆様に、謹んでお見舞い申し上げます。

ここ鴻巣も震度5強の揺れだったそうです。
あんなに大きな揺れははじめてでした。しかも長かった。
地震直後に停電になり、復旧にとても時間が掛かりました。
携帯も災害時には本当に使えなくなるんだということを体験し、家族の安否確認も出来ず、不安な時間を過ごしました。

市内の被害も相当なものでしたね。
私たちが駅前観望会で使わせていただいているエルミショッピングモールも、いまだに完全開店にはなっていません。
街を走れば屋根にブルーシートを広げている家々が目立ちます。
皆さんのご自宅は大丈夫でしたか?

そんな中、児童センターのプラネタリウムと望遠鏡は無事でした。
日ごろからとてもタフな機械たち。
動かしてみると、ちゃんと動きました。
しかし、計画停電や節電のため、プラネタリウム投映はしばらくお休みすることにしました。
4月いっぱいはお休みさせていただいて、5月から再開いたします。

「星でも見てみようかな?」という気持ちになりましたら、遊びに来てくださいね。