Home

「いちばんぼし」は、鴻巣児童センターを中心に活動する天文サークルです。
イベントの様子や天体写真などをBlogに掲載しています。
いちばんぼしでは、一緒に活動するメンバーを募集しています。
興味のある方は、プラネ タリウムの説明員に声をかけていただくか、お問い合わせフォームからお知らせください。


プラネタリウム投映(鴻巣児童センター)

星座絵

1月の「星と神話の世界」

令和3年1月に発令されました緊急事態宣言に伴い、現在、児童センターでは市外からの入館者を制限させていただいております。その他、入場者数の制限など、いくつかの制約がありますが、ご協力をお願いいたします。
また、予定が変更になる場合があります。
鴻巣児童センターの開館状況については、鴻巣市のホームページなどでご確認いただきますようお願い致します。

プラネタリウム 投影スケジュール

1月のプラネタリウム 番組

【オリオンと毒さそり】

オリオン座は冬の星座、さそり座は夏の星座で、それぞれの季節を代表する星座です。
2つの星座は、ほぼ180度離れているので、片方が空にあがれば片方は地平線に沈み、まるで追いかけっこをしているようです。
このような様子から今月の神話は生まれました。
オリオンとさそりだけではなく、他の神様達も登場します。
お楽しみに♪


プラネタリウム に来られない方のために、「冬の星座案内」動画(約16分)を作成しました。途中で宇宙に飛び出して「すばる」にも立ち寄ります。ぜひご覧ください。

「春の星座案内」動画は こちらから ご覧いただけます。

「夏の星座案内」動画は こちらから ご覧いただけます。

「秋の星座案内」動画は こちらから ご覧いただけます。


1月の夜空

【しぶんぎ座流星群】

  • 三大流星の一つです。
  • しぶんぎ座って?
    1922年に国際天文学連合(IAU)が制定し た、88星座から除かれてしまい、今は在りません。
  • 放射点の位置
    りゅう座 ι(イオタ)星の 近くです。
  • 見ごろ
    1月3日の日没から翌1月4日の日の未明迄です。
    特に1月3日の午後9時から1月4日午前0時が注意時間帯です。
  • 観測条件
    残念なことに月が一晩中出ています。なるべく、月明りが 目に入らないように観測しましょう。
  • 1月3日の月が昇る時刻 午後8時47分
  • 放射点が昇る時刻 午後9時59分
  • ご注意
    冷え込みの厳しい季節です。万全の防寒対策で臨みましょう。

★ 主な天文現象

日 付天文現象
1日📅 元日
☀️初日の出(6時52分:鴻巣市)
3日☆彡 しぶんぎ座流星群が極大(午後11時位)
6日🌗 下弦の月(午後6時37分)
13日🌑 新月(午後2時0分)
21日🌓 上弦の月(午前6時2分)
24日☿ 水星が東方最大離角 ー0.6等級、太陽から約18°離れる
29日🌕 満月(午前4時16分)
出典:国立天文台

イベント

駅前天体観望会

★ 主 催

天文サークル「いちばんぼし」

★ 概 要

メンバーが所有する望遠鏡で、月や惑星などをご覧いただくボランティア型イベントです。メンバーが丁寧に星空解説をします。
どなたも無料で予約なしに参加できますので、どうぞお気軽にお立ち寄りください。

第76回鴻巣駅前観望会

※新型コロナウィルスの感染拡大予防のため、当面の間駅前観望会は中止とします。次回の駅前観望会をお楽しみに!

★ 日 時

2020年3月7日(土)18:30~20:30
※天候不良(雨天や曇天等)の場合、翌8日(日)同時刻に順延します。
 また、夜はとても冷え込みますので、暖かい格好でお出かけください。

★ 場 所

鴻巣駅東口「エルミこうのす」ドコモショップ鴻巣店南(埼玉りそな銀行側)

★ 観望会インフォメーション

以前の観望会の様子はこちらのBlog記事でごも覧いただけます。

★ 今後の駅前観望会開催予定日(2020年4月~2021年3月までは後日掲載)
※開催予定日が天候不良の場合、翌日曜日に順延します。 

 


 

天文教室(鴻巣児童センター主催)

火星の大接近に合わせて開催した「秋の天文教室」でしたが、今回も天候に恵まれず残念でした。
次回「冬の天文教室」まで少し期間が開いてしまいますが、以下の日程とテーマで開催しますので、スマホを片手にぜひご参加ください。

令和3年1月に発令されました緊急事態宣言に伴い、現在、児童センターでは市外からの入館者を制限させていただいております。また、今後の感染状況により中止となる場合がありますので、事前にホームページをご確認ください。

★ 日 時

2021年2月20日(土) 19:00~21:00

★ テーマ

上弦の月をスマホで撮影

上弦の月(半月)を望遠鏡で観察すると、クレーターが重なり合う山岳地帯や海、谷と呼ばれている地形がたくさん見られます。今夜は、この美しい月面を、お手持ちのスマホで撮影してみましょう。

★ 場 所

鴻巣児童センター(プラネタリウム室、天文台)

★ 参加費

無料

★ 補 足

  • どなたでも予約無しにご参加いただけます。
  • 天文台の中は外と同じ気温です。当日の気温変化に対しては服装で調節してください。
  • 天候が優れない場合は、プラネタリウム室で星空解説やテーマに沿った講演を行います。

以前の天文教室の様子は、こちらのBlog記事でご覧いただけます。