Home

「いちばんぼし」は、鴻巣児童センターを中心に活動する天文サークルです。
イベントの様子や天体写真などをBlogに掲載しています。
いちばんぼしでは、一緒に活動するメンバーを募集しています。
興味のある方は、プラネ タリウムの説明員に声をかけていただくか、お問い合わせフォームからお知らせください。


プラネタリウム投映(鴻巣児童センター)

星座絵

7月の「星と神話の世界」

新型コロナウイルスの影響で、7月のプラネタリウム 投影は中止となっております。
再開の予定が決まりましたら、改めてご案内いたします。

現時点で、7月の投映再開時期も未定です。
そこで、「春の星座案内」に続き、「夏の星座案内」動画(約24分)も作ってみました。
プラネタリウム再開まで、こちらをお楽しみください。

夏の星座案内リンク扉

なお、「春の星座案内」動画は こちらから ご覧いただけます。


7月の夜空

【みずがめ座δ南流星群】

7月30日はみずがめ座δ流星群の極大にあたります。見え 方は次の通りです。そろそろ、ペルセウス座流星群も活動を開 始するころです。是非、3密を避けて観測してみてください。

  • 極大:7月30日午前8時ころ
  • 見え方:ピークで一時間当たり数個
  • 見ごろ:7月29日の月が沈でから7月30日の明け方
  • 放射点が昇る時刻:7月29日 午後8時30分ころ
  • 月が沈む時刻:7月30日 午前0時ころ

【七夕様】

7月7日は新暦の七夕の日です。
日本各地で七夕祭りという名目で吹き流し、五色の短冊を飾ったお祭りが・・・。今年はコロナ禍のおかげで自粛気味でしょうね。
短冊には、習い事の上達の願いを書くそうです。

国立天文台の月周回衛星かぐやの測地データによる月球儀のページに「月球儀+短冊」の作品を見つけました。

タイトルは
「番外編:星に願いを 月の下に短冊を吊るせます。願い事を書いてはいかが?」
です。

ぜひ挑戦してみてください。

★ 主な天文現象

日 付内 容
5日満月(午後1時44分)
10日金星が最大光度(‐4.5等級)明けの明星
13日下弦の月(午前8時29分)
14日木星が衝の位置(午後6時10分 ‐2.8等級)
21日新月(午前2時33分)
土星が衝の位置(午前8時35分 0.1等級)
23日水星が西方最大離角(午前0時21分)
明けの空 0.3等級、太陽から約20°離れる
27日上弦の月(午後9時23分)
出典:国立天文台

イベント

駅前天体観望会

★ 主 催

天文サークル「いちばんぼし」

★ 概 要

メンバーが所有する望遠鏡で、月や惑星などをご覧いただくボランティア型イベントです。メンバーが丁寧に星空解説をします。
どなたも無料で予約なしに参加できますので、どうぞお気軽にお立ち寄りください。

第76回鴻巣駅前観望会

※新型コロナウィルスの感染拡大予防のため、当面の間駅前観望会は中止とします。次回の駅前観望会をお楽しみに!

★ 日 時

2020年3月7日(土)18:30~20:30
※天候不良(雨天や曇天等)の場合、翌8日(日)同時刻に順延します。
 また、夜はとても冷え込みますので、暖かい格好でお出かけください。

★ 場 所

鴻巣駅東口「エルミこうのす」ドコモショップ鴻巣店南(埼玉りそな銀行側)

★ 観望会インフォメーション

以前の観望会の様子はこちらのBlog記事でごも覧いただけます。

★ 今後の駅前観望会開催予定日(2020年4月~2021年3月までは後日掲載)
※開催予定日が天候不良の場合、翌日曜日に順延します。 

 


 

天文教室(鴻巣児童センター主催)

冬、春と2回の天文教室が中止となってしまいましたが、久々の開催を信じて、夏の天文教室の日程とテーマを以下のように決めました。

※開催に当たって感染予防対策を徹底いたしますが、今後の感染拡大状況により中止になる場合があります。

★ 日 時

2020年8月22日(土) 19:00~21:00

★ テーマ

木星と土星のランデブー

当日は、南の空に木星と土星が仲良く並んで見えています。
太陽系最大の惑星「木星」と環が美しい「土星」の2大惑星を一晩で見ることができ出来ます。

★ 場 所

鴻巣児童センター(プラネタリウム室、天文台)

★ 参加費

無料

★ 補 足

  • どなたでも予約無しにご参加いただけます。
  • 天文台の中は外と同じ気温です。当日の気温変化に対しては服装で調節してください。
  • 天候が優れない場合は、プラネタリウム室で星空解説やテーマに沿った講演を行います。

以前の天文教室の様子は、こちらのBlog記事でご覧いただけます。