Home

「いちばんぼし」は、鴻巣児童センターを中心に活動する天文サークルです。

いちばんぼしでは、一緒に活動するメンバーを募集しています。興味のある方は、プラネ タリウムの説明員に声をかけていただくか、お問い合わせフォームからお知らせください。また、Blogには、イベントの様子や天体写真なども投稿されていますのでご覧ください。


プラネタリウム投映(鴻巣児童センター)

星座絵

2月の「星と神話の世界」

★ 今月のスライド番組星の落としもの イメージ
『星の落とし物』

「さっき、星を落としませんでしたか?」 星を拾った少年ヨルトは、隣の家のサラと 落とし主を探しに出かけます。
拾ったのは、ほのかに光る小さな星。
冬の星座はどれも、キラキラと明るく 瞬いています。
星の落とし主は 見つかるのでしょうか。

今月は、私たちの 自主制作番組です。 どうぞお楽しみください。

★ この季節の星空のご案内
この季節によく見える星座や様々な天体、そしてそれらにまつわる神話、宇宙の不思議に迫る天文現象など、毎回天文好きの解説員が興味深い話題を用意しています。
プラネタリウムで満天の星空をお楽しみください。

★「星と神話の世界」投映スケジュール

2月 4日(日) 10日(土) 18日(日) 24日(土)
3月 4日(日) 10日(土) 18日(日) 24日(土)

土曜日午前11時から、
日曜日午後2時からの投影です。
なお、毎月最終日は、いつもとは違った投影内容となります。お楽しみに!
入場は無料です。


2月の夜空

★ 皆既月食
1月31日は皆既月食です。
月全体が地球の影に隠れます。
時刻は下図をご覧下さい。
出典:国立天文台ホームページ

★ レグルス食
2月2日の明け方にレグルス(α Leo)が月に隠れる星食があります。
時刻は鴻巣市児童センターの緯度経度で計算しています(北海道大学で公開している星食情報データベースを利用しました)。
潜入:星が月に隠れる。
出現:月に隠れた星が月から出てくる。
★ 月と木星、火星、土星
2月8日から10日にかけて、月が木星(てんびん座)、火星 (さそり座)、土星(いて座)の順に接近します。見頃は 午前3時頃から明方までです。

★ 主な天文現象

日 付 内 容
1/31日 満月(午後10時27分)皆既月食
2/2日 レグルス食(潜入:午前4時58分、出現:午前5時22分)
3日 節分
4日 立春(午前6時28分 大陽の黄経が315°になる)
8日 下弦の月(午前0時54分)
月が木星の約4°北を通過(見頃は午前3時頃から明方)
16日 新月(午前6時5分)
南アメリカから南極にかけて部分日食がみられる。
17日 水星が外合(午後9時27分)
23日 上弦の月(午後5時9分)

出典:国立天文台


イベント

駅前天体観望会(いちばんぼし主催)

★天文サークル「いちばんぼし」主催
※メンバーが所有する望遠鏡で、月や惑星などをご覧いただくボランティア型イベントです。
望遠鏡の販拡イベントではありません。
メンバーが丁寧に星空解説をします。どうぞお気軽にお立ち寄りください。

DSC05870

★ 日 時: 2018年3月24日(土) 18:30~20:30
※天候不順の場合は翌日の同時刻に順延します。
※夜は寒くなります。防寒対策を怠りなく!

★ 場 所:鴻巣駅東口「エルミこうのす」敷地内docomo前
※ どなたも無料で参加できます。
※ 当日の開催有無は、このページで開始予定時刻までに掲載予定です。
以前の観望会の様子はこちらのBlog記事でご覧いただけます。


天文教室(鴻巣児童センター主催)

冬の天文教室は快晴に恵まれ、オリオン大星雲と散開星団M35をご覧いただきました。
M42_20180217_Nikon150mm.jpg
しかし、寒かったですね。参加者のみなさまも、ご苦労様でした。
次回は暖かい季節ですからご安心ください。
春の天文教室のテーマと日程をお知らせいたします。

★ 日 時:2018年5月19日(土)19:00~21:00

★ テーマ:金星、月そして木星
今回はプラネタリウムで今夜見る天体を紹介したあと、実際の星空で
金星、月、木星の位置を確認します。
天文台の望遠鏡では、金星と月そして木星を観察します。
※金星の高度が低すぎる場合は、屋上に設置した会員の望遠鏡でご覧いただきます。

★ 場 所:鴻巣児童センター(プラネタリウム室、天文台)
※どなたも無料で参加できます。
※天文台の中は外と同じ気温です。当日の気温変化に対しては服装で調節してください。
※晴れない場合は、プラネタリウムを使い星空解説とテーマに沿った講演を行います。
以前の天文教室の様子は、こちらのBlog記事でご覧いただけます。
DSC01812DSC03235