Home

「いちばんぼし」は、鴻巣児童センターを中心に活動する天文サークルです。
イベントの様子や天体写真などをBlogに掲載しています。
いちばんぼしでは、一緒に活動するメンバーを募集しています。
興味のある方は、プラネ タリウムの説明員に声をかけていただくか、お問い合わせフォームからお知らせください。


プラネタリウム投映(鴻巣児童センター)

星座絵

9月の「星と神話の世界」

★ 今月のスライド番組

<空とぶ馬でぼうけん>

若者ベレロフォーンは森の泉で、翼のある天馬ペガサスを見つけました。
女神の助けを借りてペガサスを手に入れてからは、冒険や怪物退治をして有名になりましたが、その強さのあまり思い上がってしまい神さまの 怒りを買うことに・・・。
今月はペガスス座の お話です。

★ この季節の星空のご案内

この季節によく見える星座や様々な天体、そしてそれらにまつわる神話、宇宙の不思議に迫る天文現象など、毎回天文好きの解説員が興味深い話題を用意しています。
プラネタリウムで満天の星空をお楽しみください。

★ 「星と神話の世界」投映スケジュール

(お詫び)9月15日(日)の投映は、都合によりお休みさせていただきます。

9月 1日(日) 7日(土) 15日(日) 21日(土) 29日(日)
10月 6日(日) 12日(土) 20日(日) 26日(土)
11月 3日(日) 9日(土) 17日(日) 23日(土)

土曜日午前11時から、日曜日午後2時からの投映です。
なお、毎月最終日は、いつもとは違った投映内容となります。お楽しみに!
入場は無料です。


9月の夜空

【SOHO彗星】

8月31日に太陽に0.05天文単位まで接近します。
地上からは 観測できませんが、太陽観測探査機「SOHO」の画像で見る事ができると考えられています。
SOHOのHPは以下の通りです。
https://sohowww.nascom.nasa.gov/
太陽画像を見るには、以下のページで、「Image」にc2を選び、期間を指定します。
https://soho.nascom.nasa.gov/data/Theater/
8/31 明け方、及び 9/3 明け方(日本時間)にSOHOの視界に入ると思われます。

★ 主な天文現象

日 付内 容
1日 SOHO彗星が近日点を通過(2019-8-31 21:25)
太陽観測探査機SOHOのサイトで見えるかも!
6日上弦の月(午後0時10分)
13日中秋の名月
14日満月(午後1時33分)
2019年で最も小さな満月(視直径29分24秒角)
22日下弦の月(午前11時41分)
23日秋分の日 ・秋分(午後4時50分)
29日新月(午前3時26分)

出典:国立天文台


イベント

駅前天体観望会

★ 主 催

天文サークル「いちばんぼし」

★ 概 要

メンバーが所有する望遠鏡で、月や惑星などをご覧いただくボランティア型イベントです。
メンバーが丁寧に星空解説をします。
どなたも無料で予約なしに参加できますので、どうぞお気軽にお立ち寄りください。

第72回鴻巣駅前観望会

★ 日 時

2019年10月5日(土)18:30〜20:30
※天候不良( 曇天・雨天 )の場合、翌6日(日)同時刻に延期します。
 延期または中止する場合は当日の17:00ころまでに本ページにてお知らせします。

★ 場 所

鴻巣駅東口「エルミこうのす」敷地内ドコモショップ鴻巣店南(埼玉りそな銀行側)

★ 観望会インフォメーション

今回は上弦(半月)前日の月と、西に沈みつつある木星、土星などをご覧いただく予定です。以前の観望会の様子はこちらのBlog記事でごも覧いただけます。

★ 今後の駅前観望会開催予定日(2020年3月まで)
※開催予定日が天候不良の場合、翌日曜日に順延します。 

4/13<土>、5/18<土>、6/15<土>、7/13<土>、8/10<土>、9/7<土>、 10/5<土>、11/2<土>、12/7<土>、2020年1/4<土>、2/1<土>、3/7(土)


天文教室(鴻巣児童センター主催)

夏の天文教室は日中は快晴でしたが、不安定な天気に翻弄されてしまい、夜には曇ってしまい残念でした。
天体観察はできませんでしたが、国立天文台4D2UプロジェクトのMitakaで作成したオリジナル全天周動画「木星探査機ジュノーと土星探査機カッシーニの軌跡」をプラネタリウム室のドームいっぱいに投映させていただきました。

次回「秋の天文教室」の日程が以下のように決まりました。

★ 日 時

2019年11月30日(土)19:00~21:00

★ テーマ

「二重星団」と「すばる」

二つの星団が寄り添うように並んでいて、通称「二重星団」と呼ばれているh-χ(エイチ・カイ)星団と、昔から日本では「すばる」と呼ばれているプレアデス星団。今夜は秋 を代表する二つの星団を観察しましょう。

★ 場 所

鴻巣児童センター(プラネタリウム室、天文台)

★ 参加費

無料

★ 補 足

  • どなたでも予約無しにご参加いただけます。
  • 天文台の中は外と同じ気温です。当日の気温変化に対しては服装で調節してください。
  • 天候が優れない場合は、プラネタリウム室で星空解説やテーマに沿った講演を行います。

以前の天文教室の様子は、こちらのBlog記事でご覧いただけます。