2020年2月1日 駅前観望会

「第75回駅前観望会」

月、すばる(M45/プレアデス星団)、オリオン座大星雲(M42)などを観測しました。
月面に「X」の文字が現れる「月面X」がみられる特別な日でもありましたので、合わせて観測しました。

「月面X」わかるかな?
カメラを取り付け、直焦点撮影中

次回は3/7(土)の予定です。
※新型コロナウィルスの感染拡大予防のため残念ですが中止が決まりました。

2019年11月30日 天文教室

鴻巣児童センターの秋の天文教室の様子をお届けします。
テーマは、「二重星団」と「すばる」
二つの星団が寄り添うように並んでいて、通称「二重星団」と呼ばれているh-χ(エイチ・カイ)星団と、昔から日本では「すばる」と呼ばれているプレアデス星団。
秋を代表する二つの星団を中心に観察しました。

東の空には、冬の星座たち
Mitakaで星団の位置を確認
南西の空には、「みずがめ」に加え、「こうま」や「いるか」の姿も
締め括りは「埼玉ポーズ」で

2019年9月7日 駅前観望会

「第71回駅前観望会」

月と土星と木星を観測しました。
時折雲に邪魔されながらも、比較的観測条件の良い夜でした。

2019年8月31日 プラネタリウムの点検・保守

1979年の設置から40年。
鴻巣市児童センターのプラネタリウムは、当時のミノルタ社のMS-10という機種です。
諸般の事情により、ここ10年余り打ち切られていたメーカによる点検・保守がこのほど、特別に実施されました。

いちばんぼしのメンバーも見学させていただき、保守についてのアドバイスをいただく機会を得ました。

作業を見守るメンバーたち

長年メーカ保守が行われていなかったにも関わらず、「状態は比較的良い」とのことで、関係者一同胸を撫でおろしました。(健康診断で褒められた気分)
また、システムを熟知したメーカエンジニアによる整備の結果、いくつかの不具合も解消されました。
さらに、保守や修理に関するノウハウも伝授いただくことができました。
ありがとうございました!