2018年8月18日 天文教室 「火星」大接近!

天文教室 「火星」大接近!

7月31日に最接近したばかりの火星の他、木星、金星、土星、月などを観測しました。
混乱を避けるために、今回は、完全予約制とさせて頂きました。

DSC01604
お馴染みの土星の輪が見えています

事前解説

火星は、地球の直ぐ外側を回る兄弟星。
それぞれ楕円軌道で太陽を周回する2つの惑星は、2年2ヶ月の周期で近付きます。
その近付いた時の距離は、約6,000万Kmから1億Km程度と大きく変化します。
今回は15年ぶりの大接近で、7月31日には約5,800万Kmに最接近、とても火星が観測しやすい状態です。

DSC01568

星空観望

スライドショーには JavaScript が必要です。


準備の様子

スライドショーには JavaScript が必要です。

いちばんぼしと有志

DSC01923

茜色に染まる空

DSC01543-Edit-2

夢の世界?からやってきた、謎のキャラ

CD41AF3E-DF13-4B91-B03F-353DCC9FB8AC

2018年8月12日 乗鞍岳の空

ペルセウス座流星群を狙って乗鞍岳へ行ってみました。
霧と雨で残念な天候でしたが、ほんの一瞬、雲間にキラキラ輝く星空を観ることが出来ました。

DSC00615
標高2,765mからの北斗七星とアークトゥルス

その後も晴れ間を求めて待機していましたが、霧は雨になり、そのまま夜明けを迎えてしまいました。

DSC00556
高山植物の女王 「コマクサ」 厳しい荒れ地を好んで根を下ろし、可憐な姿を見せる
DSC00583
肩の小屋から望む「剣ヶ峰」3,026m
DSC00586
日暮れ前には青空が広がったけど。。。
DSC00628
観望会は霧の中
DSC00686
翌日は、雨中登山

乗鞍岳は、標高2,702mの畳平まで、自動車で行くことのできる特別な山。
第二次大戦中の1941年、旧日本軍が、ジェットエンジンの開発のために高高度のこの地に実験場を建設。
そのアクセス用につくられた道路が、現在の乗鞍スカイラインだという。

ツアーガイドによると、「経験上、乗鞍は晴天率が低い。星空目的なら、南アルプスや富士山がオススメ」とのこと。
もっと早く知りたかった。。。

台風一過の夜空

台風13号が去り、夜になってようやく快晴となりました。
ご当地の空としては最高に近い星空でしたので、IR改造したカメラで夏の大三角形あたりを固定撮影したところ、思惑通り天の川が写ってくれました。

20180809_夏の天の川_NEX-5_IR.jpg
NEX-5(IR改造)16mm F2.8 ISO1600 20秒 Photoshopにて画像処理

火星大接近の一夜前

念願のCMOSカメラによる撮像と画像処理に挑戦しました。鏡筒を新調して約4か月、ようやくこれくらいの写真が撮れるようになりました。撮像ではフォーカスが、画像処理ではstack処理が難しいですね。三大惑星(火星、木星、土星)揃い踏みです。同じ焦点距離ですので、火星の視直径が大きいのが分かります。

共通撮影データ
2018年7月30日午後11時ころ
Celestron edge HD 925 (口径235mm, 焦点距離2350mm)
ZWO ASI-290MC
ZWO ADC大気分散プリズム
TeleView Powermate 2.5×
RegiStax 6 で 2000フレームをstack、wavelet 処理

2018年7月21日 駅前観望会

「第62回鴻巣駅前観望会」

夏休み最初の駅前観望会は、昼間の大変な猛暑を引きずるような大変な暑さの中での実施となりました。雲が多くなるとの予報に反し、鴻巣市上空はきれいに晴れ上がり、金星、木星、土星など夏に賑やかに輝く惑星たちをご覧いただくことができました。

しかしながら、火星はやはり無理でした。夏の観望会は21時まで実施することとしていますが、その時刻では、火星はビルの向こう側にあって、いつもの広場からは見ることができませんでした。最接近は7月31日ですが、来月も引き続き明るく赤く輝く火星を観望することは可能ですので、次回をお楽しみに。

 

 

 

若き日のいて座

久しぶりにイラストのスイッチが入りました。

恋人を殺したさそり座に狙いを定める、若き日のケイロン。という妄想。

けれどもさそりには魔法がかけられていて、ケイロンは矢をつがえても放つことができず、夏の夜空を巡るばかり…

と、妄想が止まらず、夜が更けていきます。楽しい。

いて座

ちなみに本当の神話は、勇者オリオンを殺したさそりが天上で暴れないよう、いて座が狙いを定めている、というものです。

と、ここまで書いたところで、あれ?ケイロンの恋人ってまさかオリオン…?と我ながら疑惑が。

そんなつもりはまったくなく描いた絵ですが、ギリシア神話ならそういうこともありそうですし、それならそれでよいのかもしれない。

児童センター夏まつり

 

w-qr13CU児童センターの恒例行事の夏まつりに、いちばんぼしとして参加させていただきました。

今回はプラネタリウム内で星の映像を流して、お好きなタイミングで見学いただけるようにしました。メンバーのミニ解説タイム付き!このスタイルなら途中での入退出が可能なので、たくさんのお子さんにご見学いただけました。

平日は投映がないので、プラネタリウムにはじめて来た子もいるかもしれません。これをきっかけに、また週末の投映にも遊びにきてもらえたらうれしいです♪

1531551746720

当日の朝、慌てて書いたポスター(笑)DiB2jj_UYAADaSg

しおり&カード おひとりさま一枚プレゼントしました。

メンバー自慢の自主制作アニメのキャラクターです

15315517802421531551760041

各ブースのスタッフさんやボランティアさん、児童センターの職員さん、暑い中ずっと笑顔でご活躍されていて、みなさまとても素敵でした。

たくさんのお子様に楽しんでいただけたようで、いちばんぼしメンバーにとっても、嬉しい一日となりました。

 

xMU7faPR

本日投映させていただきました素敵な動画のご紹介

spitzchu

とても素敵な星景タイムラプス動画をyoutubeで公開されています。

毎日毎日暑いですね、日々の疲れの癒しタイムにぜひおすすめです。

https://t.co/6pkGU6Lhwj