2018年7月21日 駅前観望会

「第62回鴻巣駅前観望会」

夏休み最初の駅前観望会は、昼間の大変な猛暑を引きずるような大変な暑さの中での実施となりました。雲が多くなるとの予報に反し、鴻巣市上空はきれいに晴れ上がり、金星、木星、土星など夏に賑やかに輝く惑星たちをご覧いただくことができました。

しかしながら、火星はやはり無理でした。夏の観望会は21時まで実施することとしていますが、その時刻では、火星はビルの向こう側にあって、いつもの広場からは見ることができませんでした。最接近は7月31日ですが、来月も引き続き明るく赤く輝く火星を観望することは可能ですので、次回をお楽しみに。

 

 

 

2018年5月27日 駅前観望会

「第60回鴻巣駅前観望会」

月齢12の月や木星、金星などを観測予定でしたが、開始時は晴れていたのですが、まもなく雲に覆われてしまいました。

DSC09374
雲間の月も風情があります

雲の晴れ間
月の前を流れていく雲の様子を望遠鏡で観るとちょっと楽しい。

IMG_8870
スマホによるコリメート撮影

雲のおかげで、天文アプリや望遠鏡の話題など、いろんなお話しを楽しむことができました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

DSC09391
未来と現役の天文学者?
DSC09402
いちばんぼしのポロシャツが活躍できる季節となりました

次回は、6月23日の予定です。
開催有無は、当日こちらのページでご案内します。

2018年4月28日 駅前観望会

「第59回鴻巣駅前観望会」

満月直前の月を眺めました。

「初めて見た!」
「あんな風になってるんだ、くっきり見えるんだね!」
「ゆらゆらしてる〜」
「これ、高そうだね、いくらするの?」

人それぞれの反応で、たのしいですね。

DSC05631
イケメン バイカーたち
DSC05669
いちばんぼしのコナン君

 

DSC05650
お店に向かう途中で、立ち寄ってくれたみなさま
DSC05656
今回デビュー、Iさんの赤道義
DSC05663
お月さまも照れちゃいそう
DSC05694
足場が9階まで到達、13階まで伸びるらしい

来月には、木星も見られるようになります。

2018年3月25日駅前観望会

「第58回鴻巣駅前観望会」

先日のお彼岸は雪が混じるほどの寒い日でしたが、翌22日に熊谷地方気象台が埼玉県の桜の開花を宣言するや否やあっという間に暖かい陽気となりました。
今日の鴻巣地方も20℃近くまで気温が上昇し、桜も一気に満開に近づいているようです。この駅前観望会を開催している会場のすぐ近くに小さな公園(エルミパーク)があるのですが、今夜はそちらの夜桜も楽しむことができました。

昨日は曇天のため、本日に延期しての開催でしたが、惑星が昇ってくるのが夜半過ぎということもあって、今回も月をメインにご覧いただきました。途中オリオン座大星雲も導入してみましたが、星雲らしい雄々しい姿を見てもらうには、この広場は明るすぎました。
皆さんが楽しみにしている惑星は、概ね5月ころからは木星、6月ころからは土星、8月に入ると大接近直後の火星をご案内できるはずです。それまでもうしばらくお待ちください。

2018年2月24日 駅前観望会

「第57回鴻巣駅前観望会」

空は澄み、風は穏やかで観測しやすい夜でした。
IMG_8461

地球から38万キロ。地球にとって唯一の衛星。
光の速さをもってしても、到達には約1.2秒かかる。
49年前の1969年7月、アポロ11号に乗ったニール・アームストロングらは、はじめて月に降り立った。
以後1972年12月までの3年間で合わせて12人が月面を踏んだ。
しかし、その後45年余り経た現在に至るまで、月に降り立ったものはいない。

手作りのニュートン式反射望遠鏡です。
DSC02150

DSC02176

↓こちらは、レンズを使った屈折式。スマホでコリメート撮影中。
このページの先頭の写真もこの方法で撮影しています。
DSC02181

DSC02184
今回の参加メンバーです。
DSC02190

鴻巣びっくりひな祭り2018開催中!
”ひな人形で飾る日本一高いピラミッドひな壇”(31段高さ7m)
DSC02129

DSC02136

会場の「エルミこうのすショッピングモール」の各店舗にひな人形が飾られてます。
DSC02142