2018年11月17日 天文教室

今回のテーマは、「スマホで月面を撮ろう」です。

半月を少し過ぎた月に望遠鏡を向けて、月の名所を観察した後、お手持ちのスマホで撮影してみましょう。

ということで、屋上に機材を広げ、準備万端整えていましたが。。。

天文教室開始前の空

開始時刻の19時を前に、西の空からやってきた雲が、たちまち月を覆い隠してしまいました。

厚い雲に覆われてしまった南西方向の空

しばらく様子を見ましたが、雲は厚く広がるばかり。
月の観測は諦めざるを得ません。
そんな、いまいましい雲ですが、この曇天のおかげで、「全天周投映システム」をみなさまにご覧いただくチャンスが到来しました。
昨年から準備を進め、このほど構築を終えたばかりのシステムの初の御披露目です。

試行錯誤の末、手作りの光学系を付加して構築した、全天周プロジェクターと、国立天文台が開発・配布している、4次元デジタル宇宙ビューワー「Mitaka」を組み合わせることで、迫力ある宇宙のシミュレーション映像を映し出せる様になりました。
12/15(土)は、児童センターのクリスマス会ということですが、その時にもご覧いただけるかもしれません。

今回も来てくれた3兄弟

2018年8月18日 天文教室 「火星」大接近!

天文教室 「火星」大接近!

7月31日に最接近したばかりの火星の他、木星、金星、土星、月などを観測しました。
混乱を避けるために、今回は、完全予約制とさせて頂きました。

DSC01604

事前解説

火星は、地球の直ぐ外側を回る兄弟星。
それぞれ楕円軌道で太陽を周回する2つの惑星は、2年2ヶ月の周期で近付きます。
その近付いた時の距離は、約6,000万Kmから1億Km程度と大きく変化します。
今回は15年ぶりの大接近で、7月31日には約5,800万Kmに最接近、とても火星が観測しやすい状態です。

DSC01568

星空観望

スライドショーには JavaScript が必要です。



準備の様子

スライドショーには JavaScript が必要です。

いちばんぼしと有志

DSC01923

茜色に染まる空

DSC01543-Edit-2

 

2018年5月19日 天文教室

鴻巣児童センター主催の天文教室が開催されました。

講師は、お馴染みの三浦先生。
プラネタリウムでの講義のあと、グループに別れて、月、木星、金星を中心に観測しました。
風のおかげで、空は澄み、観測しやすい夜でした。

次回は8月18日です。
天候がよければ、月、地球に大接近中の火星、木星、金星、土星と様々な天体の共演が待っています。

DSC09020
日本一の広さを誇るポピー畑

スライドショーには JavaScript が必要です。

DSC09065
月を見ています

DSC09132
玄関ポーチにて

2017年8月19日天文教室

今年の夏はどこに行ってしまったのでしょう。
8月上旬の暑い日を最後に曇りと雨のオンパレードです。今日も朝から大気の状態が不安定で、雷鳴が聞こえる中での天文教室となりました。当然、実際の星空をご案内することができないコンディションであり、プラネタリウム室内での解説のみとなりました。夏休み中に開催する天文教室なので心待ちにしていた皆さんも多かったと思いますが、大変残念でした。

今回のテーマは「土星とドーナツ星雲」ということで、夏の夜空に浮かぶ2つのドーナツ天体に注目して、そのチャーミングな姿を堪能していただきました。大粒の雨が降る中での観望会であり、児童センター自慢の15cm屈折望遠鏡は出番がなく、皆さんの肉眼で楽しんでいただくことはできませんでしたが、三浦先生のプラネタリウム解説とオリジナル番組の上映で楽しんでいただきました。

DSC05588

DSC05618 DSC05614

DSC05624

 

DSC05680
参加したお土産の星型キャンディ(ブラックライトでほのかに光ります)

 

 

DSC05670 DSC05681

 

 

2017年5月6日天文教室

今年の大型連休期間中はお天気に恵まれましたね。
久しぶりの好天で、今回の天文教室は、プラネタリウムあり、天体ドーム・屋上での天体望遠鏡での観望ありと、メンバーも気分が高まります。

今回のテーマは「月の名所めぐりと木星」ということで、春のおぼろ月と観測の好機を迎えた木星を観ていただきました。途中から雲が多くなってしまいましたが、多くのちびっ子たちがたくさん参加してくれたので、大変賑やかな春の夜となりました。

今夜の月は月齢が10と、上弦を少し過ぎたところでしたが、こんな時の方が月の表面の地形をよく観測することができます。たくさんあるクレーターのうち、「ティコ」「コペルニクス」などの大きなものを15cm屈折望遠鏡やメンバーが持ち寄った小口径望遠鏡で観ていただきましたが、前半はよく晴れていたこともあり、眩しいくらいでした。

今年の木星は、おとめ座に位置していて、-2.4等星の明るさで輝いていますが、その明るさはおとめ座のスピカを遥かにしのぐものです。今の季節、「いちばんぼし」といえば、この木星になりますね。
木星はガス状の惑星で、大気大循環によって縞模様が見えることで知られる惑星です。今宵は美しい横縞とガリレオ衛星を観ていただくことができました。

DSC05136 DSC05115 DSC05133

元気なちびっ子たちがたくさん参加してくれました。嬉しいことですが、元気過ぎて走り回ると危ないですよ。
観望にはマナーがあります。お父さん、お母さん、よろしくお願いします(笑)

DSC05108

DSC05106.jpg
児童センターの屋上の様子です。うしろに見える大きなドームがプラネタリウムです。

DSC05144

恒例の「いちばんぼし」メンバーの集合写真です。

2017年2月25日天文教室

前々回、前回に続いて曇り空。なんて不運続きの天文教室なんでしょう。
8月はともかく、11月や2月が曇天とは非常に珍しいことかもしれません(苦笑)

さて、今回の天文教室は「三日月形の金星と冬の星座」というテーマで実施しました。

2月としては暖かい夜で、多くの皆さんに参加していただいたのですが、残念なことに、またしても曇り空。いちばんぼしメンバーの天体観測ガジェットも児童センター自慢の15センチ屈折望遠鏡も今夜は泣いていました。

最近はBプログラム(曇天用プログラム)の方が力が入っているという噂があるくらい、今宵も天文教室の講師の解説に加え、いちばんぼしメンバーの星空解説など、通常のプラネタリウムの数倍の盛り上がりをみせました。プログラムの最後には天文台内に収められている望遠鏡の観望(見学)です。

今度こそ、望遠鏡で観望したいと思いますのでご期待ください。またの参加をお待ちしております。インドアの写真ばかりですが、当日の様子をご紹介します。
DSC05026
DSC05077

「Bプログラムの方が楽しみです」なんて声が聴こえてくる、、、わけないか(笑)

DSC05037 DSC05058 DSC05053

冬の星空解説と金星が満ち欠けする謎を解説。満ち欠けするのはお月様だけではありません。

DSC05079好評につき「星の落としもの」のリバイバル上映

DSC05102恒例のメンバー写真