2020年9月27日 臨時会合

いちばんぼしの臨時会合がありました。
合わせてプラネの翌月設定も実施。
星座絵投影機のスライドを一つずつ入れ替えて、向きやサイズを合わせ、パッチパネルで接続を切り替え、操作パネルとの対応をとります。
完全マニュアル仕様のプラネならではの作業です。

星座絵の更新:同時に表示可能な4チャネルを切り替えながら設定します
操作卓の中:左上のケーブルがぐちゃぐちゃしてるのがパッチパネル
朝焼け・夕焼けの方角も手動調整
正門横の彼岸花:ローアングルから撮ってみました

2020年9月4日 夏の稲妻

九州地方に近づきつつある台風10号。
遠く南の海で発生し、急速に発達した台風の影響で、関東地方にも湿った南風がもたらされました。
鴻巣市にも夕刻より激しい雷を伴う雨が降りました。
下の写真は、雨が小降りになったところで建物の軒下から撮影した一枚。
これだけ激しく光っても、雷鳴は聞こえて来ませんでした。

20mm f/4 2sec ISO200

観測する場合は、安全な場所で!
稲妻, 稲光: Lightning, 雷鳴: Thunder

2020年8月22日 天文教室

鴻巣児童センターの夏の天文教室の様子をお届けします。
テーマは、「木星と土星のランデブー」。
この時期、南の夜空に仲良く並んで見えている木星と土星についての話題です。
残念なことに、夕刻から雷雨となって観測はできませんでしたが、(適度に)多くの方々に参加いただきました。

まずは、プラネタリウム室で木星と土星について学びました。
講師の方が、長年の観測で撮影してきた写真で、土星のリングの見え方の変遷も一目瞭然でしたね。

その後、国立天文台4次元宇宙プロジェクトが開発する「Mitaka」全天周投影システムの組み合わせにより、デジタルプラネタリウムとなったドームで、太陽系や天の川銀河、そして宇宙の広がりを体感いただきました。
さらに、ボイジャーやカッシーニによる探査の軌跡を追って、木星や土星とその衛星まで、一緒に旅してみました。

前回実施予定だった、春の天文教室は感染症予防のため中止となってしまいました。
今回も難しい判断と徹底した対策が必要なタイミングでしたが、関係する皆様のご尽力により、実施が叶いました。

次回は10月17日に開催予定。
テーマは、「2年ぶりの火星大接近」です。


2020年8月12日 爪木埼のペルセウス座流星群

ペルセウス座流星群の極大日の夜、星空を求めて伊豆半島の先端付近にある、爪木埼灯台を訪れてみました。

予定に遅れて20時に現地到着(大室山磯の湯で寛ぎすぎました。。。)
天気予報で同じ結論に至ったのか、多くの星空ファンで賑わっていました。
そして、期待を超えた、満点の星空と天の川が迎えてくれました。

20:32 芝生広場

寝転んで観測する人、カメラを向ける人、星空のもとで語り合う人たち、思い想いの楽しみ方で。

23:17 展望台付近

時折見える流星に、歓声が上がります

23:52 灯台と金星と流れ星

0:37 頭上に輝く夏の大三角

爪木埼については、こちらの記事もどうぞ。


番外編 〜大室山(おおむろやま)〜

約4000年前の噴火で生まれた「スコリア丘」と呼ばれる円錐台の形をした山。
毎年行われる山焼きのおかげで、この季節は、美しいススキの緑に覆われています。
リフトで登ると、火口は周囲1キロほどの気持ちの良い遊歩道を楽しめます。

2020年3月19日 月・火星・木星・土星の集合

夜明けの空に集合した月・火星・木星・土星の集合写真です。
鴻巣市の陸上競技場にて撮影しました。
早朝にもかかわらず、お散歩されている方々が何人もいらっしゃって驚きました。

3/19 4:30 am f=35mm F2.8 SS=4秒 ISO 800 (トリミング済)
3/19 5:50 am f=105mm F4 SS=1/200秒 ISO 400

2020年2月1日 駅前観望会

「第75回駅前観望会」

月、すばる(M45/プレアデス星団)、オリオン座大星雲(M42)などを観測しました。
月面に「X」の文字が現れる「月面X」がみられる特別な日でもありましたので、合わせて観測しました。

「月面X」わかるかな?
カメラを取り付け、直焦点撮影中

次回は3/7(土)の予定です。
※新型コロナウィルスの感染拡大予防のため残念ですが中止が決まりました。