(ご紹介)迫る火星大接近に向けて「本格!大人の望遠鏡づくり」

「エルミ鴻巣カルチャーセンター」で始まる天文の講座についてのご紹介です。

自分で手作りした望遠鏡で星空を心ゆくまで眺めてみませんか?

今を遡ること410年(1609年)のイタリア、ガリレオ・ガリレイは当時出回り始めた屈折式望遠鏡を改良して開発した簡素な望遠鏡を、月や星々に向け、歴史に残るさまざまな発見をした事が知られています。

約350年前の1668年、イギリスのアイザック・ニュートンは屈折式望遠鏡の色収差問題を解消する反射型望遠鏡として、斜鏡を持つ「ニュートン式望遠鏡」を発明。
当時の主鏡サイズは約5cmでした。

この講座では、軽くて、使いやすく、色滲みの少ない「ニュートン式望遠鏡」を手作りします。
鴻巣駅前観望会」でも、長年の活躍している手作り望遠鏡の改良型だそうです。

  • 主鏡の口径は13cm
  • 個人では入手が難しい、高品質なパーツを使った本格仕様
  • コンパクトに縮めて、手軽に運べる、親切設計
  • スマートホンや、デジカメを使った撮影にも応用可能

ガリレオやニュートンも羨む望遠鏡ですね。

この夏から秋にかけて、15年ぶりの大接近となる火星の観測にも良さそうです。

火星大接近2018 | 国立天文台

講師の三浦先生は、”子供の頃から天文とプログラミングにのめり込み、「いちばん良い製品を作っている」と感じていた望遠鏡メーカに就職して、エンジニアの道を歩んだ” と聞いたことがあります。

「いちばんぼし」のメンバーで、「天文教室」でもおなじみの三浦先生と一緒に、本格的な望遠鏡をつくりながら、天文の楽しみ方を学べる講座です。

3月11日(日)14:00より、説明会があるそうです。

詳しくは、以下をご覧ください。

カルチャー望遠鏡制作

2019年2月24日 駅前観望会

「第57回鴻巣駅前観望会」

空は澄み、風は穏やかで観測しやすい夜でした。
IMG_8461

地球から38万キロ。地球にとって唯一の衛星。
光の速さをもってしても、到達には1秒近い時間がかかる。
49年前の1969年7月、アポロ11号に乗ったニール・アームストロングらは、はじめて月に降り立った。
以後1972年12月までの3年間で合わせて12人が月面を踏んだ。
しかし、その後45年余り経た現在に至るまで、月に降り立ったものはいない。

手作りのニュートン式反射望遠鏡です。
DSC02150

DSC02176

↓こちらは、レンズを使った屈折式。スマホでコリメート撮影中。
このページの先頭の写真もこの方法で撮影しています。
DSC02181

DSC02184
今回の参加メンバーです。
DSC02190

鴻巣びっくりひな祭り2018開催中!
”ひな人形で飾る日本一高いピラミッドひな壇”(31段高さ7m)
DSC02129

DSC02136

会場の「エルミこうのすショッピングモール」の各店舗にひな人形が飾られてます。
DSC02142

白銀の美ヶ原高原

1月13日 美ヶ原高原へ星空撮影行って来ました。

DSC00729_s
カラマツと星空

夏の美ヶ原も素晴らしいですが、この季節は雪が全てを覆い隠して、別世界。
とてもすばらしい体験でした。

DSC00419_s
美しの塔から塩くれ場へ向かう路
DSC00658_s
夕方から雪になり、星のない夜に。。。
DSC00670_s
午前2時頃には雪が止んで、冬のダイヤモンドが現れた。 赤い光は王ヶ頭の電波塔
DSC00681_s
北斗七星と美しの塔
DSC00705_s
気温はマイナス15度
DSC00710_s
現地で出会った人達と
DSC00740_s
月が昇ってきたので捕まえてみる。 レンズに氷がついて、変な光芒が。。。
DSC00757_s
夜が明けたので宿に向かう。 向こうからは、これから美しの塔に向かう人達のヘッドランプ。
DSC00779_s
今回お世話になった、ホテル山本小屋。 豪華な食事に温泉付き!
DSC00811_s
朝日に輝く霧氷

交通:
新宿駅からあずさ3号に乗って下諏訪駅下車。
ホテルの送迎バスに揺られて約1時間半で現地に到着。(雪深いので、マイカーの方むけの送迎も有ります)
装備:
標高2,000メートル。とても冷えますので雪と寒さに備えましょう
今回は使わなかったけど、スノーシュー(現地でレンタル可能)があると、霧氷の林に踏み入る事もできて良さそう。

レンズの曇り止めにレンズヒーターを装着しましたが、寒冷地では役に立たず。レンズには直ぐに霜が付くので、その度に外したフィルターをポケットで温めて、水分を拭き取ります。

2017年12月3日 駅前観望会

「第55回鴻巣駅前観望会」の様子を掲載します。

この夜のメニューは、

  • まんまるお月さんの「スーパームーン」
  • 和名「すばる」のプレアデス星団

冷たい風の吹く時間もありましたが、そらはほぼ快晴。
たくさんの方々に夜空を楽しんで頂きました。

IMG_3960

IMG_4011


IMG_4006

2017年11月5日 駅前観望会

「第54回鴻巣駅前観望会」

この夜のメニューは

  • 満月を過ぎたばかりの月
  • オレンジとブルーに輝く二重星「アルビレオ」

少し寒くなってきましたが、穏やかでよく晴れた空。
通りがかった方々に、ゆっくり楽しんでいただくことができました。

IMG_3572
東の空に昇ってきたばかりの月を眺めています。
来年には、この後ろにマンションが姿を現します

 

おまけ

IMG_3499
近くで咲いていた「さざんか」です。

 

2017年11月4日 プラネ大掃除

プラネタリウムの大掃除を実施しました。

IMG_3461
集合写真 午前の部
  • いろんな所の掃除
    • 投影機本体
    • 補助投影機、スライド投影機などのレンズ
    • スリップリング
    • 投影機の下のスライド投影機設置板とその下
    • 投影機下のカバーの中
    • コンソール周辺
    • コンソール横
  • 電球など消耗品の棚卸し&ラベルづけ

スライドショーには JavaScript が必要です。

IMG_3484
集合写真 午後の部
IMG_9952
投影機の下から救出されたモノたち