2017年9月24日 久喜総合文化会館プラネタリウム訪問

いちばんぼしメンバー総勢9名で「久喜総合文化会館プラネタリウム」を訪問。
プラネタリウム施設や全天周投映について、詳しく伺ってきました。

貴重な昼食時間を割いてくださって、とっても丁寧に教えてくれました。

IMG_2821
15mドームに据えられた、五藤光学 GM 2-AT
IMG_2856
ピットの中で回転する投映機

大人も子供も楽しめる様に幅広い話題を巧みに埋め込んだ、とっても流暢なプラネ解説に圧倒されました。
どなたか、よろしければ伺った内容など、投稿ください。

2017年8月 国立天文台野辺山と美ヶ原

国立天文台野辺山の特別公開に、足を運んでみました。

シロヨメナ?(天文台周辺にて)
IMG_2223s

10mミリ波干渉計
干渉計によるこの領域の観測の中心はアルマ望遠鏡(チリ)に移っているそうです。
ヒマワリも干渉計の一部みたい!?
IMG_2239s

45mミリ波望遠鏡
なんと総重量700t!
IMG_2251s

4:15 a.m. 美しの塔
未明のこの時間でも付近に5人くらいの人たちが。。。
Half-2351

4:35 a.m. 薄明のモミの木
標高約2000mの美ヶ原はなんと平安時代から放牧地として使われてきたという
Half-2374-2

『流れ星の夜』が敦賀市こどもの国で投影されます

いちばんぼしメンバーが制作したプラネタリウム番組 『流れ星の夜』が、敦賀市立児童文化センター(敦賀市こどもの国)でも投影されることになりました。
敦賀市こどもの国の投影案内ページは、こちらです。

流れ星の夜ポスター_WEB用小

坂戸児童センター メガスター特別上映会

2月2日、坂戸市にある坂戸児童センターでメガスターの特別上映会がありました。
解説はメガスター開発者の大平さん。
坂戸から見える冬の星空からグッと南に向かって南極へ。
南極でオーロラを見て坂戸に帰ってきました。
大平さんの生解説もユーモアたっぷりでクスクスっとしましたよ。

メガスターの星空、いいですね~。
星の色もまたたきも自然で、星空そのものです。

あ、鴻巣児童センターのMS-10の星空も暖かみがあって好きですよ。

坂戸児童センターにはかつて、鴻巣と同じMS-10がありました。
現在MS-10は撤去され、プラネタリウムのドームはメガスターを作っている大平技研が研究開発のために利用しています。
坂戸市と大平技研は「ドーム利用協定」を結んでいて、不定期で地元の方々にプラネタリウムを公開しています。
今回の特別上映会もこの協定の一環だったんですね。

また上映会があったら遊びに行きたいと思います!

(☆大平さんとのスリーショットはご本人に承諾を得ています。)

BfbnS0VIQAA8uVC
Bfbp5xoIQAA6Ylc
s-IMG_3040トリミング

s-IMG_3050
s-IMG_3043.jpg
s-IMG_3059

吹上中学校 プラネタリウム投映

投映会に参加させていただきました。

旧吹上町は、吹上北中学校には望遠鏡、ここ吹上中学校にはプラネタリウムと、天文関係の設備が充実していて、星好きにとってはワクワクしてしまう地区です。

どちらの学校の設備も、これからもずっと子供たちに星の世界を見せ続けてほしいですね。

imageimage

名古屋市立科学館のプラネ

名古屋科学館
11月8日 名古屋市立科学館のプラネ見学に行って来ました。流石に35m世界一のドームは大きい!!そして、回転式とリクライニングを組み合わせた座席は、ゆったりしている。
1番組約50分の全生解説だ。 円形対座式なので映像などの上・下はっきりしたものは、観る場所で逆さに成るので無理なのかな!?
恒星球は一球式のツアイス製、そしてコンソールはコニカミノルタだが、良くマッチングさせている。

名古屋のプラネに行ったら、コンソールの前のAブロックの座席がGoodである。そして最前列か2列目を狙いたい。
但し、平日でも朝から並んでとても午後からは、チケットが手に入らないので、要注意です。

うすだスタードーム

公開天文台、うすだスタードームに行ってきました。
(http://www.city.saku.nagano.jp/star-dome/index.htm)
60cmのカセグレンがメインで、ほかに小型望遠鏡、手持ち双眼鏡、三脚に取り付けるちょっと大型の双眼鏡などを使って星空の案内をしてくれます。
解説員さんが、楽しそうに解説してくれて、ご自身が星が好きなんだなと感じられます。
常連になればいろいろサービスしてくれます。
鴻巣からだと、関越道、上信越道経由で2時間ほどでしょうか。
おすすめです。

うすだスタードーム日周

写真は駐車場付近にカメラを放置して、比較明合成したもの。この手法は私は初めてですが、初めてにしてはうまく撮れたと思います。