2017年9月3日駅前観望会

「第52回鴻巣駅前観望会」

なかなか天候に恵まれない今年のいちばんぼしの駅前観望会ですが、ようやく今夜、7か月ぶりに開催することができました。昨日もぎりぎりまで天候判断に迷いましたが、今日に延期して正解でした。メンバーもワクワクしながらいつもの駅前の広場に集合です。
前回の開催は2月でしたから、来ている服もダウンジャケットなどの寒冷仕様でした。それから春、夏と季節は巡り、秋になるまで観望会がお預けになるなんて誰が予想したでしょうか。「どうやら駅前観望会はなくなったらしい」なんて人聞きの悪い噂まであったりなかったり。ご安心ください。これからもいちばんぼしは皆さんに星空をご案内してまいります。

さて、今夜の駅前の空は、少し強い秋の風が吹く中、月齢12.4の月と観測の好機を迎えている土星を観ていただきました。やはりチャーミングな土星の姿は皆さんが大好きですね。久しぶりの土星の姿に私たちも含め多くの皆さんの歓声が上がっていました。また、月のコリメート撮影も楽しく挑戦していただきました。10月の観望会は9月30日(土)又は10月1日(日)を予定しています。お時間がありましたら是非お立ち寄りください。

写真を追加しました。(Okada)

スライドショーには JavaScript が必要です。

2017年2月4日駅前観望会

「第51回鴻巣駅前観望会」

立春の今日、春のような陽気は夜まで続きました。
2月にしてはとても暖かい夜で、日没直後の駅前広場の気温は摂氏10度でした。
暖かさに誘われて多くの皆さんに来ていただきました。
そのため、望遠鏡のセッティングが間に合わず、1点アラインメントのままスタートすることになったほどです。

さて、このところ夕方の空に金星がとても明るく輝いていますが、「『いちばんぼし』の名称は金星からとったのですか?」という質問を受けました。
一番星というのは夕暮れ時に最初に見える星を指すものですから今の時期であれば金星が一番星ですが、木星だったり、別の明るい恒星であることもあるのです。
今夜の空では、金星がなければシリウスあたりかもしれません。
今宵も一番星として西の空に鎮座する「金星」のほか、火星、上弦の月、 すばる(M45)、オリオン座大星雲(M42) などでお楽しみいただきました。

DSC04954 DSC04952

DSC04960 DSC04976 DSC04957

DSC04964 7AB96FD1-86F2-4E8B-8668-8406843A6CBC

DSC04981

恒例のいちばんぼしメンバー写真、将来のメンバーも含まれている?

※ミニ解説 「君にも見えるウルトラの星 ♪、ところでM78星雲のMって何?」

昭和年代に子供時代を過ごしたたメンバーは、帰ってきたウルトラマン(のちのウルトラマン・ジャック)の主題歌を思い出します(笑)。ご存知ウルトラマンシリーズでの世界では、彼らの故郷は「M78星雲」ということになっています。
M78は実在する星雲で、オリオン座の三ツ星の少し左側に実在する星雲ですが、ウルトラマンシリーズを制作した円谷プロダクションに残されている当時の企画資料には「M87」という記載もあり、脚本に誤植されたことから、
誤ってM78星雲となったという説があるそうです。
参考までに、ウルトラマンシリーズ第2作のウルトラセブンの必殺技は「M87光線」ですが、これは本来の設定に基づいているということです。M87も実在する天体で、おとめ座超銀河団の中心をなす巨大な銀河です。

さて、このM(メシエ)とは何か。
これはフランスの天文学者シャルル・メシエの名に由来するものです。彼は18世紀のフランスで活躍した天文学者で、彗星の観測で知られていましたが、彗星を探す際に彗星と誤認しがちな星雲星団を1から103までの番号で分類し、いわゆる「メシエ・カタログ」を作成しました。後世の天文学者が番号を追加し、最終的にはM110までのカタログとなっています。
なお、M40、M91、M102は欠番となっています。
例えば、
M42といえばオリオン座大星雲のことを指します。
当時メシエが使っていた望遠鏡は口径5~7cmほどの小口径のものであり、比較的明るく、観測しやすい天体が多いという特徴があり、メシエ・カタログの天体はアマチュアでもその観測や撮影が比較的容易なものとして人気があります。
当時のフランスはブルボン王朝からフランス革命という激動の時代でしたが、ブルボン朝国王ルイ15世の治世には、メシエの業績をたたえ、彼を「彗星の狩人」と呼び、かのナポレオンも勲章を授けています。

 

(上の画像は国立天文台のサイト http://www.nao.ac.jp/ から転載)

2017年1月21日 吹上北中学校天体観望会の天体写真

2017年1月21日に、吹上北中学校にて「2016年度冬の天体観望会」が開かれました。
当日の日中は強風が吹いていたため観望会への影響が心配されましたが、日暮れと共に風も収まり無事に観望会を開くことができました。
そこで、当日撮影した天体写真を掲載いたします。

半月型の金星
オリオン大星雲の全体像

オリオン大星雲の中心部分

2017年1月21日吹上北中学校「冬の天体観望会」

吹上北中学校で、冬の天体観望会が開催され、いちばんぼしとしてお手伝いをさせていただきました。
校長先生もご挨拶の中で触れられていましたが、こちらの中学校の観望会は、すっかり地域の方にも
定着し、寒い夜にもかかわらず、大勢の参加者がありました。

今夜は冬らしい透明度の高い夜空が広がり、吹上北中学校自慢の20cm屈折望遠鏡も大活躍です。
望遠鏡で撮影した画像は別のページに掲載していますので、ぜひご覧になってください。

日没後、西の空に輝く金星が満ち欠けするなんて、普段あまり気にしていないことに気づかされたと
おっしゃる参加者の方もいらっしゃいました。この日の金星は東方最大離角を少し過ぎたところで、
望遠鏡の視野の中ではまるで半月のような姿を見せていました。この後、内合に向けて、視直径を大
きくしながら、三日月のような細い姿に変わってきます。

オリオン座の大星雲もよく見えていました。肉眼ではトラペジウムの周りに淡い、綿毛のような、雲
のようなものがみえますが、デジカメ等で捉えると、白鳥が羽を広げているような雄大な姿を確認す
ることができます。こちらも別ページの写真をご覧ください。

DSC04429DSC04437

(左)校長先生から開会のご挨拶          (右)PCを用いた説明(本日の見どころを紹介)

DSC04440DSC04427DSC04452DSC04454

吹上北中学校自慢の天体ドーム、屋上での観望の様子

DSC04462  DSC04458

(左)宙ガールの皆さんのスリーショット       (右)恒例のメンバー記念写真

2017年1月7日駅前観望会

「第50回鴻巣駅前観望会」

2017年最初の駅前観望会です。
寒い冬の夜でしたが、多くの皆さんにお立ち寄りいただきました。
また、今夜は記念すべき50回目の観望会でもありました。今後とも皆様に愛されるボランティア・サークルであり続けたいと思います。
さて、いつもの駅前スペースでの開催でしたが、最近どうもこのあたりの人工光が増加の一途を辿っています。
住民の利便性、防犯のため、照度が上げるのは理解できます。
ただ、星を見る者にとってはなかなか厳しいコンディションです。
「いちばんぼし」は多くの皆さんに星空の素晴らしさを伝え、ともに感じていただくため、あえてこの場所を選んでいるのですが、多くの人工光のために夜空を解説するのが難しくなっています。
その一方で、応援してくださっている方も増えており、「鴻巣駅前に行けば『いちばんぼし』の観望会に遭遇できる」という期待をいただいているのも事実です。
本当にうれしいことです。そうした方が一人でもいる限り、私たちはこの場所を離れることはないと思いますが、眩いばかりの人工光とどう付き合っていくか工夫をしていく必要がありそうですね(笑)

今宵は、西の空に-4等級の明るさで輝く「宵の明星」のほか、沈みゆく火星、上弦を少し過ぎた月すばる(M45)、オリオン座大星雲(M42) などを中心にご案内をいたしました。

DSC04400-e1483835406574dsc04405dsc04407

アイピースを変更したらコリメート撮影がしやすくなりました。今夜も望遠鏡1台の運用でした。

DSC04404DSC04408

(左)寒いところお立ち寄りいただきありがとうございます。(右)双眼鏡でもよく見えるんです。

dsc04412

恒例のメンバー撮影(Yさんゴメンね。可愛かったからこちらにしたよ(笑))

 

※ミニ解説 「金星にも満ち欠けがあるって本当?」

金星を望遠鏡でのぞいてみると、月のように欠けて見えることに気付きます。今回の観望会では、ちょう
ど半月状に見えました。今後、日をおいて観察を続けていくと、欠け方が変わっていく様子が分かります。
金星のように地球よりも内側をまわっている惑星(「内惑星」と言います)は、その位置によって、地球
に夜側を見せたり昼側を見せたりします。望遠鏡でのぞいたときに、欠けて見えるところが金星の夜、光
って見えるところが昼の部分です。これは月の満ち欠けと同じ理屈です。
金星が太陽をはさんで地球の反対側にきたとき(「外合」と言います)、地球からは金星の昼の部分しか
見えないので、金星は満月のように見えます。また、金星が太陽からもっとも離れて見える最大離角のと
きは、昼側と夜側がちょうど半分ずつ見えますから、半月状に見えます。金星が地球と太陽の間にきたと
き(「内合」と言います)は夜側だけになり、新月と同じく見ることはできなくなります。
内惑星である水星、金星の場合、地球との間の距離は大きく変化します。そのために、水星、金星では満
ち欠けとともに見かけの大きさも大きく変化して見えます。内合に近いほど、つまり欠けているときほど
地球に近くなり、大きく見えることになります。

金星の満ち欠けと見かけの大きさの変化

(上の画像は国立天文台のサイト http://www.nao.ac.jp/ から転載)

それと今夜は嬉しいことがありました。会いたかった友との再会です。
いちばんぼしの仲間の友情はこれまでも、これからも永遠です。