2018年1月27日駅前観望会

「第56回鴻巣駅前観望会」

数日前の大雪以降、関東地方はこの冬一番どころか、これまでの最低気温を更新するほどの冷え込みとなりました。今日は幾分寒さも緩んだのかもしれませんが、夜はやはり寒かった。

2018年は年初から「月」が話題となっています。1月2日に満月(スーパームーン)を迎えた月は、今月31日に再び満月(ブルームーン)となります。そして「皆既月食」でもあるというオマケつきです。
今夜の駅前の空は、とても冷たい真冬の風が吹く中でしたが、月齢10.0の月とオリオン座大星雲などを観ていただきました。2月の観望会は2月24日(土)又は2月25日(日)を予定しています。お時間がありましたら是非お立ち寄りください。


ミニ解説「スーパームーンとブルームーン」

月は約1か月の間に、満ち欠けによって形(光っている部分)が大きく変化します。これが月の朔望です。それに加えて、月の「見かけの直径」も日々変化しています。これは月と地球の距離が変わることによって起こる変化です。最近は、一年のうちで最も大きく見える満月のことを「スーパームーン」と呼ぶようになりました。今年の場合は1月2日の月が今年一番大きい満月にあたります。今年最小の満月(7月28日明け方)と比べると、2日の満月は直径で14%、面積で約30%も大きくなります。
一方、ひと月に満月が2回あることを「ブルームーン」と呼ぶことがあります。本来のBlue Moonとは、火山の噴火や隕石の落下時に発生するガスや塵などの化学物質の影響により月が青く見えることを指していましたが、最近は、満月が月に2回巡ってくること、珍しいとこと、という意味で用いられるようになりました。英語で “once in a blue moon” と言えば「とても稀なこと」を表す慣用句となるそうです。月の朔望周期が約29.5日であるため、来月(今年の2月)には満月は巡ってきません。3月には再びブルームーンとなります。

そして、1月31日には久しぶりに観測しやすい夜半に月が地球が落とす影の中に入る「皆既月食」がおこります。本影食の間は、月が赤銅色となることから、英語では”Blood moon”と表現するそうです。今回、アメリカのメディアは、スーパームーンとブルームーンと皆既月食をかけて「Super blue blood moon」と呼んでいるようですね。

(c) http://www.kmov.com/

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中