全天周投影システム投映トライアル

いちばんぼしでは、市民活動支援基金を活用して「全天周投影システム」の構築を進めています。
5月6日に、はじめての投映確認を実施しました。
4次元デジタル宇宙ビューアー「Mitaka」の映像をプロジェクタとコンバージョンレンズを介してプラネのドームに表示するテストです。
いくつかの課題はありますが、とても迫力ある映像を表示出来る事が確認できました。
みなさまにご覧いただけるように、鋭意準備中です。

DSC08216
コンバージョンレンズを取り付けたプロジェクター
DSC08194
Mitakaの初期設定
DSC08209
ひとまずドームに映像が映る
DSC08236
地球から離れて、宇宙に出かける様子も全天周映像でご覧いただけるようになります
DSC08212
働くプロジェクター

おたのしみに!